MENU

銀行系カードローンは融資が厳しい?

カードローンといえば消費者金融というのが最も先に思い浮かぶのではないでしょうか。 しかし実は銀行系ローンもまた信頼と人気があります。 【参考サイト:カードローンランキング|金利比較・口コミでおすすめ第1位は?】この銀行系ローンというのは都市銀行や地方銀行が主体となっているカードローンになります。

 

もちろん銀行が主体となっているためその信頼感はほかの消費者金融や信販とは比べて物になりません。 さらに金利が低く設定されているこれも大きなメリットになるでしょう。 しかし、緊急に融資が必要であるという場合には適していません。 メリットがあり信頼性がある分弱点となるものも有りますのでその点を見ていきましょう。

 

審査の基準が消費者金融と比べても厳しいというのは確かにデメリットになります。 そのため、銀行系ローンを利用できる人にとっては選択肢として真っ先に考えておきたいものということに限られます。 銀行系ローンは金利が低いことは魅力ですが、なぜなら完済できる可能性が高い人だけに融資を行っているということがあります。

 

アルバイトやパート、そのほか収入が安定していない職業の場合には銀行での融資は難しいと考えたほうがよいでしょう。 またほかの金融機関からの借り入れがある場合でもその件数や金額によっては融資が断られる可能性があります。

 

客観的に自分の状況を確認してみるというのも一つの方法です。 収入が安定している、他からの借り入れがない、その場合には銀行系カードローンも融資可能な確率が非常に高いと言えるでしょう。

郵便局での借り入れ

ゆうちょ銀行(郵便局)では、貯金を解約しなくても、貯金を担保にして借り入れすることができます。また、総合口座を持っている場合は、定額貯金や定期貯金を担保とすることで、「通常貯金の払出し・預入」と同様の操作をすることにより簡単に借り入れまたは返済ができるのです。つまり、通常貯金の残高を超えて払戻しを行うと、自動的に借り入れができるのです。返済に関しても通常貯金口座へ預入をするだけで行えます。

 

この便利なゆうちょ銀行による自動貸付について説明します。「借り入れ金額の上限」は、貯金残高の90%相当額になります。ただし、通帳1冊につき300万円までとします。そして、「借り入れ期間」は、借り入れが行われた日から2年までです。ただし、その期間に担保とする貯金が満期を迎えたときは、その満期までとなります。

 

そして、「借り入れの回数および返済の回数」は、無制限です。「貸付利率」は、担保定額貯金を担保にした場合は、返済時の利率+0.25%であり、また、担保定期貯金を担保にした場合は、預入時の利率+0.5%となります。「利子の計算」は、日割計算です。

 

ゆうちょ銀行(郵便局)では、上記の自動貸付以外にも貸付商品が用意されています。「財産形成貯金担保貸付」は、財形定額貯金や、財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金を担保とすることで、貯金残高の90%相当額まで最長2年の借り入れができます。また、「国債等担保自動貸付」では、ゆうちょ銀行や郵便局で購入した国債を担保とすることで、額面金額の80%までの額を、最長1年の借り入れができます。